藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

気になるお金 株価上昇で注目度高まるNISAのメリット・デメリット について調べました。

気になるお金 株価上昇で注目度高まるNISAのメリット・デメリット について調べました。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

株価上昇で注目度高まるNISAのメリット・デメリット

 米国大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利し、10年間で6兆ドル規模の大規模減税や、同じく10年間で1兆ドル規模のインフラ投資による財政政策、金融機関への規制緩和など経済政策に期待が高まる中で、債券から株式への資金の大転換、いわゆるビッグローテーション(グレートローテーション)が起こっている。米国主要株価指数は史上最高値を更新し、米国債券市場は急落、債券利回りは急騰した。

 この流れは日本の株式市場にも追い風となっている。米国長期金利の上昇は日米金利差を拡大させ、円安をもたらしている。また、日本では日銀の異次元の金融緩和による、年間約80兆円規模の国債買い入れ、6兆円のETF(上場投資信託)買い入れ、そしてイールドカーブコントロールの導入と金融政策が講じられてもおり、強い地合いが続いている。

 現在は日経平均で言えば、50日移動平均線が200日移動平均線を上に突き抜ける「ゴールデンクロス」が発生している。これは数年に一度の事象であり、過去の値動きを見ると、ゴールデンクロスが発生した場合、上昇相場は長期間続いている。つまり、今の日本株は大相場に発展する可能性がある局面に来ているのだ。

 むろん、期待通りに大相場に発展せず、予想に反して調整する可能性も十分ある。いわゆる「ダマシ」と言われるものだが、そうなった場合、例えば期待されているトランプ氏の政策が予想外に規模の小さいものであったり、50日移動平均線が200日移動平均線を下に突き抜ける「デットクロス」が確認できたところで撤退する投資戦略が考えられる。

 上昇相場においては、NISA(少額投資非課税制度)の非課税枠を使った投資が有効となるだろう。NISAは2014年からスタートした制度で、上場株式・株式投資信託など投資から得られる譲渡益・配当・分配金が非課税となる。対象は日本に住む20歳以上で、非課税枠は年間120万円、最長5年で最大600万円。

 普通、株や投資信託から得る譲渡益・配当金などの儲けに対しては20.315%の税金が課される。例えば投資で100万円の利益が出た場合、20万3150円の税金がかかる計算だ。しかし、NISA口座で取引していれば100万円の利益がそのまま利益となる。ただし、この年間120万円の非課税枠は一度売却すると無くなってしまうので、その点は注意したいところだ。したがって、すぐに売却する必要があるような銘柄を選ぶのではなく、5年間、ずっと保有し続けることができるような、安心感のある銘柄を選ぶことも要点の1つといえる。

 一方でNISAにもデメリットはある。一般的に株式投資で損失を出した場合、別の銘柄などで得た利益と相殺する「損益通算」という制度を利用することができ、課税対象額を減らすことができる。ところがNISA口座での取引は一般口座との間で損益通算をすることができない。NISAは、儲かった時の非課税メリットが大きい反面、使い方を誤ると損失を被ることもあるのだ。

 銘柄選びについては、市場の動きに連動するETFに投資をするのも1つの方法だろう。ETFは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの株価指数の動きに連動するよう運用されているため、市場全体に投資できる金融商品と言われる。市場全体が上昇しているのに保有株は上昇していないといった当たり外れがなく、安定した運用が期待できる投資先として人気も高い。しかも、現在は株価指数の2倍の値動きに連動するETFも存在する。

 さらにETFは1万円前後からの少額での購入が可能なため、一定額を定期的に購入していく方法(ドルコスト平均法)を採ることもできる。たとえば、毎月の投資金額を一定にしておけば、価格が高い時には少なく、価格が低い時には多く購入できるため、結果として平均購入単価を平準化出来る。具体的には高値掴みを避けることができる一方で、安値の時にはチャンスとなり、多く購入できるといった効果がある。

 なお、NISAでもう1つ注意したい点として、配当金や分配金の受取りは、郵便局の現金受取や銀行の口座振込で受け取った場合、非課税にはならないという点を挙げておきたい。つまり、証券口座での受取けり(いわゆる「株式数比例配分方式」)に方法を変更していないと、たとえNISA口座で買った株の配当金でも非課税とはならないのだ。NISAのメリットを存分に享受するためにも、是非とも覚えておきたい。

 こうしたいくつかの注意点に留意しておけば、NISAを活用することの大きなメリットは大きい。現在のような相場環境では活用を検討する価値は十分にあるだろう。

NISAのルール・運用の流れ

出典 http://www.toushikiso.com

NISA(ニーサ)の概要とメリット
NISAのデメリット
NISAの注意点
NISA口座の開設方法
NISAのメリットを活かす投資法
メリットとデメリット、注意点まとめ

出典 http://orekabu.jp

2014年にスタートしたNISA(ニーサ・少額投資非課税口座)。口座開設数は16年3月末時点で1012万口座(7月8日金融庁発表)に達し、国民約13人に一人がNISA口座を開設している計算になる。とは言え、口座を開いただけで利用していないという人もいるのでは? 非課税投資枠が拡大されたり、子供向けの新制度が創設されたり、毎年少しずつ制度が変わるNISAを上手に活用できるように、NISA口座のメリット・デメリットを改めて押さえておきたい。

出典 http://diamond.jp

目次情報
1 ①損益通算や3年間の損失繰越は出来ない。
2 ②投資信託の特別分配金は関係ない
3 ③実損が出ているのに課税されて税金を取られる可能性がある
4 ④配当の受取方法を@株式数比例配分方式にしないと課税される
5 ⑤代用有価証券としては使えない
6 ⑥年度内に売却するとその分はリサイクル出来ません。
7 ⑦対象銘柄に気をつけろ!
8 既に解消されたデメリット
8.1 勘定設定期間中は1口座しか作れない

出典 http://www.danna-salary.com

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!